2017年7月、台北旅行をしました。

 

兼ねてから日本以外の第二の拠点を探していて、台湾もその候補の一つとして約10日の長期滞在をしました。

 

その時に泊まったホテルの一つが『Urtrip』です。

 

今回は、このホテルのレビューブログを書いていきます。

 

『Urtrip』の詳細&料金

Hotels.com ・Expedia ・agoda

 

 

 

一言で言うと、コスパが良く、綺麗なホテル

台北滞在10日間の中で3つのホテルに泊まりました。はっきり言って、どこもあまりいい印象がありません。このブログで紹介するか迷うレベル。

 

もちろん料金の安いホテルを選んだので、仕方がないんですが、それにしても日本人の感覚からすると「ちょっとキツいな」と思うクオリティでした。

 

でもそんな中『Urtirp』に関しては、とても良かった。料金は1泊5000円程度でしたが、実に快適に過ごすことができました。

 

 

施設内レビュー&写真

受付

ホテルは「南京復興」駅から徒歩5分ほどのビル12Fにあります。

 

エレベーターを降りると大きな人形が立っています。

 

実はこのホテルに来る前まで、クオリティの低いホテルに泊まっていたので、あまり期待していませんでしたが、予想外に綺麗。Booking.comからも「8.5」ポイントをもらっているホテルです。

 

フロア全体にスッキリした花の香りのアロマが炊かれていて、とてもいい気分になったのを覚えてます。

 

客室

今回予約したのはダブルルーム。一人で過ごすには十分の広さ。部屋の中ももちろん綺麗。ベットから浴室に至るまで清掃が行き届いていて、不快に感じる点はゼロ。3日間の滞在も気持ち良く過ごせました。

 

毎日新しいお水を無料で用意していただけました。

 

セキュリティーボックスがあるのも安心

 

 

浴室

台湾で困るのはトイレ。というのも台湾ではトイレットペーパーを流せないところがたくさんあるんです。じゃあ紙はどうするのかといいますと、トイレの横にあるゴミ箱に捨てるスタイルです。

 

日本人からするとちょっと衛生的ではありませんよね。

 

ただ、このホテルではトイレットペーパーをそのまま水で流すことができました。実はこれがこのホテルに泊まって一番感動したことです(笑)台湾だと大型ショッピングモール以外だと、まだまだトイレットペーパーを流せるところがなかったので…。

『Urtrip』の詳細&料金

Hotels.com ・Expedia ・agoda

 

 

ホテルへの交通アクセス

『Urtrip(ユアトリップ)』は南京復興駅から徒歩5分ほどのビル12Fにあります。

 

ホテルまでの道順はいたってシンプル。地下鉄駅から出たら、ファミリーマートと大戸屋が見えます。(日本みたいですね笑)

 

そこを右に曲がって、ひたすらまっすぐ。すると大きな道路につきあたるので、そこを左。するとホテルの看板が見えます。あとはエレベーターで12Fまで行くだけ。

 

 

感想:とてもコスパがいい

台湾のホテルは決して安くないです。タイやマレーシア、ベトナムだと1泊5000円も出せばかなり良いホテルに泊まれたりしますが、台湾だと5000円出しても割とボロいホテルに当たったりします。

 

ただこの『Urtrip(ユアトリップ)』に関してはとても良かった。

 

確か1泊5000円程度でしたが、ホテルは綺麗で清潔。部屋は広い。アメニティは揃ってる。

 

受付の方の対応も良い。ホテルのスタッフの何名かは日本語も話せるようで、滞在中に洗濯機を使おうとしたら、日本語で使い方を丁寧に教えていただけました。

 

立地もいいし、台北滞在で1番のホテルでした。

 

『Urtrip』の詳細&料金

Hotels.com ・Expedia ・agoda